項目
表示中の記事
おすすめの本
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル)
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル) (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
どちらかというと女性向。平易な文章で読みやすいのに、内容は濃いです。
おすすめの本
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
ハンドブックサイズの写真集。静かで清らかな写真と力強く落ち着いた語り口が導いてくれます。
おすすめの本
太陽と大自然の神々の地、伊勢
太陽と大自然の神々の地、伊勢 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
伊勢神宮など伊勢地方の写真集。リーマンさんだからこそ撮影できた貴重な写真です。
おすすめの本
神々の故郷、白山
神々の故郷、白山 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さん撮影の写真集。一枚ごとに添えられた短い文章が心に沁みます。
おすすめの本
森羅万象3
森羅万象3 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ブログ記事を再編した第三巻。読み応え十分。2010.5発行。
おすすめの本
森羅万象2
森羅万象2 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さんのブログ記事をまとめた本の第二巻。2009.11発行
おすすめの本
森羅万象 1
森羅万象 1 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ほぼ毎日更新されるブログ記事をまとめた全集の第一巻。2009.6発行。
おすすめの本
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書)
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書) (JUGEMレビュー »)
リーマンさん
ブログ記事を「○○の法則」でわかりやすくまとめた廉価本。
おすすめの本
あなたにも「幸せの神様」がついている
あなたにも「幸せの神様」がついている (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
しあわせになる秘訣がやさしく書かれた本。初心者向け。
おすすめの本
内在神と共に
内在神と共に (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
人生を強く生きる為に!
おすすめの本
内在神への道
内在神への道 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ぜひ読んでみて下さい。
人生が変わります。
(アフィリエイトではありません)
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

このブログは、『伊勢ー白山 道』さんのブログに登場する伊勢神宮と白山と伊吹山の旅行写真を掲載したものです。
2008年〜2010年の記事ですが、伊勢と白山を往復する旅を企画される方のご参考になればと思います。
白山中居神社(春)

*白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)岐阜県郡上市

白山中居神社は、白山の南山麓の白鳥町石徹白(いとしろ)という小さな集落にあります。石徹白は、藩政時代には神に仕える村としてどの藩にも属さず、年貢免除・名字帯刀が許された白山信仰の重要な拠点でした。境内は樹齢二百年から千年の140本にも及ぶ杉の大樹が林立する森となっています。



境内の中心部。
・奥の杉木立の中にあるのが本殿 [伊邪那岐神(いざなぎ)・伊邪那美神(いざなみ)]
・右の赤い屋根が大宮殿 [菊理媛神(くくりひめ)]
・左の建物が須賀社[素戔嗚神(すさのお)鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)]
・本殿に上がる階段の左側、しめ縄のあるところが磐座(いわくら)




神社正面と鳥居




正面から左下に続く道に入ると駐車場へ
この正面広場にも駐車できるかもしれません。




駐車場




鳥居前で振り返るとこんな風景。集落の様子。




鳥居をくぐるとすぐに下りの石階段があります。




参道は杉の巨木の間です。これは参拝後、帰り道の風景。




参道の石の階段。濡れていたらすべりそうです。




参道の途中にある大石




御神域を流れる「宮川」にかかる橋を渡ります。




橋から鳥居方向を見る。帰りは登り石段です。




橋と川



杉の巨木が立つ境内



手水舎と須賀社



本殿へは急傾斜の石階段を登ります。
本殿は雪囲いがありました。冬季の雪の深さがうかがえます。



本殿正面上部の彫刻は県重要文化財 『粟穂に鶉(あわほにうずら)』 




正面鳥居とは別の入り口と駐車場。見える建物は参集殿。
正面広場を左方面に道を回りこむとこちらに着きます。険しい参道を歩けない方はこちらから境内に入ることができます。




参集殿側から見た境内



宮司さん。本殿前で参拝者に説明されています。



御祭神



案内板

| 白山中居神社(春) | 07:00 | - | - | pookmark |
白山中居神社へ行く道のようす(車編)

*白山中居神社への道 高速道白鳥ICより

東海北陸自動車道の白鳥(しらとり)インターチェンジから白山中居神社へ至る道のようすを順を追って載せました。「こんな風景のところを通るのだなぁ」とイメージ作りの一助にしていただければと思います。




東海北陸自動車道を名古屋方面より北上。遠くに白山が見えてきました。白鳥インターはもうすぐ。






白鳥インターチェンジ






左側道を下りる。下りたところにある信号の次の信号(つまり2番目の信号)を右へ。156号線を行きます。






少し走ったら、標識に沿い右へ。156号線を行きます。






上記の分岐点より10〜15分ほど走ると白山長滝公園(道の駅白鳥)の標識が見えてきました。白山長滝神社はもうすぐです。右に見える川は長良川(ながらがわ)。白山を源流として伊勢湾に流れています。






すいすい走って、白山長滝神社、道の駅白鳥、「北濃駅」を通り過ぎ、数分ほどの地点。






石徹白(いとしろ)方面は左。314号線へ。走ってきた156号線は右へそれていきます。






上記橋のたもとより200メートルのところを左へ。石徹白へ。






10キロほどひたすら山道を登ります。314号線。上のほうにも白いガードレールが見えるでしょう?






かなり高度が上がってきました。






こんな道を峠までクネクネと。






峠、白鳥高原です。このまわりはスキー場、ゴルフ場などがあり、今までの山道とは違って広々と開けた感じになります。






高原リゾートをあとにして下ります。






下り終わるころの分岐。「白山中居神社」と標識に出てきました! 右へ。






すぐのつきあたりにまた案内板があります。白山中居神社は右ですね。






上記地点より200メートルほどで左へ。まっすぐの道のほうがメインに見えますが、行きたい道は左へカーブしています。






上記位置を別の角度から見るとこんな感じ。






あとは道なりに3キロほど進みます。遠くの山は白山かなぁ?






もうすぐです。この道の突き当りが白山中居神社です。






はい、到着です!




以下は道中のおまけ案内です。



道の駅白鳥 白山長滝神社の近くです。





道の駅のレストランの定食





訪れたのが春だったので山菜がたくさんありました。





道の駅の後ろにある山のさわやかな新緑。



白山中居神社への行き方は「さとまゆ」さんのブログで地図付きで詳しく紹介されています。私も参考にさせていただきました。「さとまゆ」さん、ありがとうございます。
さとまゆ写真館



| 白山中居神社への道(車編) | 06:00 | - | - | pookmark |
白山中居神社(石徹白の大杉)
*石徹白の大杉(いとしろのおおすぎ)岐阜県郡上市

石徹白の大杉は白山中居神社の御神域にあり、神社から林道を6キロほど行った白山登山道にあります。樹齢1800年、国の特別天然記念物、全国の杉の中で5位の巨樹です。白山中居神社の宮司さんのお勧めもあり、会ってきました。





全景。明るい平坦地に立っていたのが意外でした。元はうっそうと茂った森だったのかもしれません。登山道のそばにあります。遠い昔から、白山に登拝する参拝者たちをここで静かに見守ってくれていたのかもしれません。






案内板






幹周り13メートル。こんなに大きい木もスタートは一粒の種だったのですね。大昔からずーっとここに立っていたのかと考えると人間の一生なんてほんの一瞬。






白山中居神社からこの大杉まで行くときはこんな風景の中をドライブします。石徹白川(いとしろがわ)沿いの林道です。道は狭く対向注意です。以下、道中の景色を紹介していきます。





芽吹いた木々。残雪の頂。川沿いの景色は美しく心和みます。






林道終点(だったかな?)の登山口には広い駐車場とトイレ、休憩所が整備されています。ここで標高1000メートル。






ここの登り口から15分ほど登ると大杉に着きます。 この登山道は「美濃禅定道(みのぜんじょうどう)」と呼ばれる白山信仰の登山道のひとつです。ここから別山を経て、2700mの白山御前峰に至るまで25km。健脚向きのためか現在このコースをたどる人は少ないようです。






大杉へは420段の石段があります。息も切れますが、ゆっくり登れば大丈夫。






道中の風景。5月の新緑と残雪が目に鮮やかでした。白山中居神社にお参りにきて、時間が許すなら、大杉に会いにいくのもいいなぁ、と思いました。




| 白山中居神社(石徹白の大杉) | 05:00 | - | - | pookmark |
長滝白山神社

*長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)岐阜県郡上市

長滝は白山信仰の一大拠点でした。江戸時代まで、白山山麓の加賀(石川県)、越前(福井県)、美濃(岐阜県)の三国には、馬場(ばんば)と呼ばれる禅定道(ぜんじょうどう 信仰登山道)の起点がありました。加賀馬場には白山寺白山本宮(白山比弯声辧砲、越前馬場には平泉寺白山神社(福井県勝山市)が、美濃馬場にはこの白山中宮長滝寺(はくさんちゅうぐうちょうりゅうじ)がありました。明治時代の神仏分離により、長滝白山神社と長瀧寺に分離されましたが、現在も同一境内にあります。




本殿。過去に幾多の火災にあい、現在の社殿等は大正時代の再建だそうです。





入り口鳥居





参道の太鼓橋





参道。静かで明るく気持ちの良い空気が満ちています。平安、鎌倉期には白山登拝のスタート地点としてかなりの賑わいがあり「参拝者の笠の端がすりあうほど」だったとか。





拝殿。巨大な空間でした。毎年1月6日にここで国指定重要無形民俗文化財の「長滝の延年(えんねん=僧侶らが演じる芸能)」が奉納されます。舞の途中で、拝殿の土間天井6メートルの高さに吊された花輪(桜、菊、椿、牡丹、芥子)を、集まった人々が人間ピラミッドを組んで奪いあいます。「花奪い祭り」。





神社は駅のとなり。長良川(ながらがわ)鉄道白山長滝駅と岐阜バスのバス停があります。





参道から見える長良川鉄道のかわいい電車。





案内地図


| 長滝白山神社 | 04:00 | - | - | pookmark |