項目
表示中の記事
おすすめの本
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル)
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル) (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
どちらかというと女性向。平易な文章で読みやすいのに、内容は濃いです。
おすすめの本
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
ハンドブックサイズの写真集。静かで清らかな写真と力強く落ち着いた語り口が導いてくれます。
おすすめの本
太陽と大自然の神々の地、伊勢
太陽と大自然の神々の地、伊勢 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
伊勢神宮など伊勢地方の写真集。リーマンさんだからこそ撮影できた貴重な写真です。
おすすめの本
神々の故郷、白山
神々の故郷、白山 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さん撮影の写真集。一枚ごとに添えられた短い文章が心に沁みます。
おすすめの本
森羅万象3
森羅万象3 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ブログ記事を再編した第三巻。読み応え十分。2010.5発行。
おすすめの本
森羅万象2
森羅万象2 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さんのブログ記事をまとめた本の第二巻。2009.11発行
おすすめの本
森羅万象 1
森羅万象 1 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ほぼ毎日更新されるブログ記事をまとめた全集の第一巻。2009.6発行。
おすすめの本
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書)
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書) (JUGEMレビュー »)
リーマンさん
ブログ記事を「○○の法則」でわかりやすくまとめた廉価本。
おすすめの本
あなたにも「幸せの神様」がついている
あなたにも「幸せの神様」がついている (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
しあわせになる秘訣がやさしく書かれた本。初心者向け。
おすすめの本
内在神と共に
内在神と共に (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
人生を強く生きる為に!
おすすめの本
内在神への道
内在神への道 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ぜひ読んでみて下さい。
人生が変わります。
(アフィリエイトではありません)
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

このブログは、『伊勢ー白山 道』さんのブログに登場する伊勢神宮と白山と伊吹山の旅行写真を掲載したものです。
2008年〜2010年の記事ですが、伊勢と白山を往復する旅を企画される方のご参考になればと思います。
伊勢白山道《復路 4》白山ヒメ神社
三重県の伊雑宮を午後出発。伊勢自動車道から新名神を経由、東海北陸自動車道まで大回りして、一路北陸を目指します。新名神は、高架橋が多いので、山の中腹あたりを浮いているような感覚で走れます。そのためか、空気がよどんでいなくて、明るい感じのする高速でした。
三重県の伊雑宮を出発してから6時間あまり。夜になり、そろそろ寝るPAを決めないとと思っていたら、温泉を見つけました!



東海北陸自動車道 城端(ジョウハナ)SA下り(富山県南砺市)に隣接した「桜が池クアガーデン」。車はサービスエリア内にとめて、人間だけ高速道路外に出られる仕組みです。偶然見つけたけど、これはありがたい。体が温まるとゆっくり寝られます。
大人600円。6:00〜22:00


そして翌朝。


金沢を朝6時半ころ通過。「白山」の文字に出会いワクワクします。昨夜は強い雨でした。今朝は晴れたけれど、遠くの山はかすんでいて、白山の姿が見つかりません。




徳光(トクミツ)PA(石川県白山市)。予定ではここで車中泊でした。温泉施設があったから。でもお風呂の営業時間内に到着できそうになく予定変更。




徳光PAも、車を置いて人間だけ高速外に出ることが出来ます。ハイウェイオアシス。




これがPA隣の温泉。「松任海浜温泉」。公営日帰り入浴施設。大人370円。10:00〜22:00(最終受付 21:00)木曜日休




PAの隣は白砂の海岸。夏には高速を下りずに海水浴ができるそうです。




伊勢から700キロを走ってきて、高速代1,000円。東海北陸道を経由して片山津インターまで。休日特別割引はありがたいです。
1,000円で行くために、途中高速を降りないで行けるルートを探り、降りずにお風呂に入れて、泊まれることを考えました〜。ついでにちょっと大回りもしてみて…。




白山眺望ポイントの、片山津温泉にある「柴山潟」に行きましたが、白山は見られませんでした。源平橋の歩道上には、真新しい白山の案内板が設置されていました。せめて案内板だけでも…パチリ。




柴山潟そばの遊歩道で、たくましいツクシたちを発見。あんなやわらかい体でアスファルトの隙間を通り抜けてくるなんてスゴイ。

白山が見えてこないかナァと期待しつつ、加賀平野を白山市の方向へ戻り、白山ヒメ神社を目指します。けっきょく、午前中、平野部からの眺望はむつかしかったです。



*白山比弯声 (しらやまひめじんじゃ) 石川県白山市




白山ヒメ神社到着。駐車場の桜もつぼみがふっくら。




駐車場側からくぐる白山ヒメ神社の鳥居。




境内。




すっくと立つ杉。




本殿の屋根と、神社を護るように生い茂る木々。

やっぱり白山を見たい! これで伊勢白山道往復の旅が終わるのは寂しい…。そこで手取川沿いの157号線を白山の方へ南下することにしました。白峰村の西山を目指します。そこは去年の秋、往路のときに立ち寄って、白山の眺望に見惚れたところです。いざ〜!

伊勢白山道《復路》西山 のページへ続く>>

| 伊勢から白山へ【2】白山 | 10:00 | - | - | pookmark |
伊勢白山道《復路 5》西山・白峰村
白山ヒメ神社をあとに、157号線を白山方向に向って車を走らせます。白山を見たい!今ならきっと雪の「しろいやま」にちがいない!秋の往路の時、すばらしい眺望だった西山の白山パノラマ公園を目指します。


*白山の眺望・西山(石川県白山市白峰)




鳥越集落あたりの白山眺望ポイント。
白っぽい空だったので、写真では見にくいですが、真っ白な白山の頂きがかろうじて肉眼では見えました。うれしかったです。

このポイントは、道の駅「一向一揆の里」のお店の人に教えていただきました。「今ごろの白山、きれいよぉ〜!」とお店の人。このポイントをすぎると、山の陰になって白山は見えません。




上のポイントより、さらに南下したこのあたりでは、手前のピラミッド状の山の右端にかろうじて白い頂がのぞく程度になります。




白山恐竜パークをお知らせする恐竜。太古の昔、このあたりにはこんな生き物が歩いていたのですね〜




いよいよ目的地です。さぁ登ったら見えるのか!?
西山の白山パノラマ公園へは、この標識が出たら右折。
「西山」という文字も「パノラマ公園」という文字もありません。目印は「セミナーハウス望岳苑」の文字。


↓ヤッター! 見えました! 真っ白に輝く白山です!


西山に登っていくと、突然、この風景が視野の端っこを横切りました。「うわ〜〜ぁっ!!」。思わず悲鳴に近い声をあげたので、運転していた家族をビックリさせ、怒られました…。この広場はクロスカントリースキー場らしいです。




うーーん、すばらしい!! 白山展望台への道は積雪のため入れず、車を置いて、さらに上へ徒歩で登りました。




ズームイン!




さらにズームイン!
山頂はまだこんなに雪があるのですね。伊勢は桜満開だったのに。




いつまでも眺めていたい。
時間が経つにつれ、ますます輝いてくる白山。




もう一度近づいて…




こちらは別山




別山、ズームイン。




ありがとう、白山。姿を見せてくれて…。うれしいなぁ。
とっても静かな西山でした。だれも来ない。枯れ草の上に座っていつまでも白山を眺めていました。太陽のぬくもりが枯れ草の匂いとともにほんわか身体を包みます。

鉛筆この↑写真の拡大写真はこちらのサイトにあります




まだこんなに雪が残っていました。





こちらは福井県勝山市(平泉寺白山神社のある市)から眺める白山連峰。左端の真っ白な頂が白山主峰。




ズームイン。ちょっぴり見える白山も神秘的。




もっと近づくとその白さが輝いて見えます。


加賀平野からの白山が見られなかったので、今回の旅では会えないかなあ、と思ったけど、チャレンジした西山で、あんなに美しい白山に出会えて、ほんとうに嬉しかったです。『霊峰』という言葉は白山のためにあるような気がしました。神秘的で幻想的で…。
アナタに会えて本当によかった。感謝。




こちらは伊吹山。帰路、長浜あたりから見えました。




伊吹山も積雪のころは白山のように真っ白に見えるのでしょう。


伊勢白山道、往復の旅、行かせて頂いてありがとう御座位ます。

>おわり<
| 伊勢から白山へ【2】白山 | 09:00 | - | - | pookmark |