項目
表示中の記事
おすすめの本
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル)
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル) (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
どちらかというと女性向。平易な文章で読みやすいのに、内容は濃いです。
おすすめの本
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
ハンドブックサイズの写真集。静かで清らかな写真と力強く落ち着いた語り口が導いてくれます。
おすすめの本
太陽と大自然の神々の地、伊勢
太陽と大自然の神々の地、伊勢 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
伊勢神宮など伊勢地方の写真集。リーマンさんだからこそ撮影できた貴重な写真です。
おすすめの本
神々の故郷、白山
神々の故郷、白山 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さん撮影の写真集。一枚ごとに添えられた短い文章が心に沁みます。
おすすめの本
森羅万象3
森羅万象3 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ブログ記事を再編した第三巻。読み応え十分。2010.5発行。
おすすめの本
森羅万象2
森羅万象2 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さんのブログ記事をまとめた本の第二巻。2009.11発行
おすすめの本
森羅万象 1
森羅万象 1 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ほぼ毎日更新されるブログ記事をまとめた全集の第一巻。2009.6発行。
おすすめの本
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書)
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書) (JUGEMレビュー »)
リーマンさん
ブログ記事を「○○の法則」でわかりやすくまとめた廉価本。
おすすめの本
あなたにも「幸せの神様」がついている
あなたにも「幸せの神様」がついている (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
しあわせになる秘訣がやさしく書かれた本。初心者向け。
おすすめの本
内在神と共に
内在神と共に (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
人生を強く生きる為に!
おすすめの本
内在神への道
内在神への道 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ぜひ読んでみて下さい。
人生が変わります。
(アフィリエイトではありません)
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

このブログは、『伊勢ー白山 道』さんのブログに登場する伊勢神宮と白山と伊吹山の旅行写真を掲載したものです。
2008年〜2010年の記事ですが、伊勢と白山を往復する旅を企画される方のご参考になればと思います。
<< 伊勢白山道《復路 2》 内宮 | main | 長滝白山神社 >>
伊勢白山道《復路 1》 外宮
伊勢白山道、往復の旅。やっと復路を行くことができました。前回の往路は、白山→伊勢、でしたので、今回は伊勢からスタートです。春の伊勢路は桜が見ごろで華やかでした。

*伊勢神宮 外宮(げくう)




伊勢自動車道の「伊勢西インター」を降り、インターを出て左折すれば外宮へ、右折すれば内宮へ。




外宮正面




外宮駐車場近くの広場の桜が満開でした。駐車場は無料。(写真は外宮の駐車場ではないようです)外宮には朝8時半ころ到着しました。土曜日でしたが、スムーズに駐車できました。




御神域との境にある火除橋より外を見たところ。




御神域の深い森。参道は細かい砂利敷き。




御正殿前。見えている鳥居をくぐってからお参りします。

今回も「特別参宮章」で御垣内参拝(白い垂れ幕の中側に入れさせてもらいお参りする)をさせてもらいました。希望者は一組ずつ案内していただけるのかと思っていましたが、私たちの前に申し込んだ方たちと一緒に案内してもらうことになりました。

また、御垣内の正式参拝では、服装に留意する必要があります。外宮では受付の神官さんに「コートの下の服装はだいじょうぶですか?」と静かに尋ねられました。これが内宮ですと、服装についてはかなり柔軟だと思われました。

前回お正月あけに参拝させてもらったときは、早朝で寒かったこともあるけれど、御垣内の、突き刺さるような空気に、身動きするのでさえ畏れ多かったです。

今回はそこまで緊張しませんでしたが、うまく表現できないけど、冷たいというか、ひれ伏さざるを得ないというか、不敬なことをしたらちっぽけな人間は一瞬にして露と消えそうな空気を感じました。
表現するなら、金属系、無機質、不動、ゼロ、何もない、無限、巨大、畏怖・・・そんな感じです。




遷宮御敷地。平成25年に神様はこちらに新しく建てられたお宮に遷られます。今は塀に囲まれていて中は見えません。
塀の向こうにあふれる光が見えるような気がするのですが…
単なる光線の具合かしらん?


別宮(べつぐう)に続く道。この先に風宮、土宮、多賀宮があります。




多賀宮に続く道。




御神域の中。




「神恩感謝」で御神楽のご祈祷を受けました。
御神楽を申し込んだ後、こちらの建物で呼ばれるまで待ちます。

御神楽では、雅楽の生演奏の中、神官により祝詞(願い事=受付のときに記入したもの)が奏上され、巫女さんの美しい舞が奉納されます。

待合所から案内されてとても広い部屋(神殿)に通され、御祓いを受けたあと待っていますと、6人の楽師さんが入ってこられました。雅楽が奏でられる中、2人の巫女さんが流れるような美しい所作で、神前に御神札と神饌が供えていかれます。

そののち、一人の神官がこられ、神前で祝詞を奏上されました。このとき、私たちの住所が番地まで読まれましたので、なんだか面映いような気持ちでした。神様に私たちの願いをお伝えしてもらっていると感じました。

少しの緊張感の中、穏やかに、静かに儀式が執り行われている神前には、絹づれの音や呼吸までが神様に届いているような、透き通った空気がありました。30分ほどでしたでしょうか、非常に贅沢な時を過ごさせてもらいました。




お下がりを入れてもらった袋。
御祈祷が終わると、お供えのお下がり(神饌・しんせん)と、御神札をいただきます。白い紙箱には、木箱に入った御神札が入っており、それをさらに写真のような紙袋に入れていただきました。
お下がり(神饌)は、御神酒、スルメ、昆布、御米、御塩、鰹節でした。御米、御塩はほんの少々でしたが、鰹節は小ぶり一本でした。木のいい匂いがする御箸もありました。

雅楽、舞、祝詞、神饌、と…、お納めした御初穂料では、ここまでしていただいてもったいない、という気持ちになりました。




お下がりについての説明書き。




神棚が入っていた箱。
今回の伊勢白山の旅では、神札を頂き祀らせていただこうと決めていたので、神棚を外宮神楽殿で買いました。神棚は「三つの神札が並べられて、扉がついており、屋根は平らな通し屋根」という情報をもっておりましたが、知識があやふやだったために、扉のない形式のものを買いました。
しかし、神棚は形ではなく、捧げる感謝の気持ちが大事、という伊勢白山道リーマンさんのご指導に沿い、この神棚でお祀りさせていただこうと思います。
購入した神棚の写真は撮れませんが、木の香がする清清しいものです。背面の板がこれまでの遷宮で使われていた木材のお下がりとのことで、それもうれしいことでした。「神宮」の文字の焼印も、まっすぐに、くっきりと押されてあり、気持ちの良いものです。


次に内宮をお参りしました>>
| 伊勢から白山へ【1】伊勢神宮 | 13:00 | - | - | pookmark |