項目
表示中の記事
おすすめの本
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル)
だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる (ダイジョウブシアワセノカミサマがホホエンデイル) (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
どちらかというと女性向。平易な文章で読みやすいのに、内容は濃いです。
おすすめの本
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
ハンドブックサイズの写真集。静かで清らかな写真と力強く落ち着いた語り口が導いてくれます。
おすすめの本
太陽と大自然の神々の地、伊勢
太陽と大自然の神々の地、伊勢 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
伊勢神宮など伊勢地方の写真集。リーマンさんだからこそ撮影できた貴重な写真です。
おすすめの本
神々の故郷、白山
神々の故郷、白山 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さん撮影の写真集。一枚ごとに添えられた短い文章が心に沁みます。
おすすめの本
森羅万象3
森羅万象3 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ブログ記事を再編した第三巻。読み応え十分。2010.5発行。
おすすめの本
森羅万象2
森羅万象2 (JUGEMレビュー »)
伊勢 白山道
伊勢白山道さんのブログ記事をまとめた本の第二巻。2009.11発行
おすすめの本
森羅万象 1
森羅万象 1 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ほぼ毎日更新されるブログ記事をまとめた全集の第一巻。2009.6発行。
おすすめの本
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書)
与えれば、与えられる (リュウ・ブックス アステ新書) (JUGEMレビュー »)
リーマンさん
ブログ記事を「○○の法則」でわかりやすくまとめた廉価本。
おすすめの本
あなたにも「幸せの神様」がついている
あなたにも「幸せの神様」がついている (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
しあわせになる秘訣がやさしく書かれた本。初心者向け。
おすすめの本
内在神と共に
内在神と共に (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
人生を強く生きる為に!
おすすめの本
内在神への道
内在神への道 (JUGEMレビュー »)
伊勢白山道
ぜひ読んでみて下さい。
人生が変わります。
(アフィリエイトではありません)
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

このブログは、『伊勢ー白山 道』さんのブログに登場する伊勢神宮と白山と伊吹山の旅行写真を掲載したものです。
2008年〜2010年の記事ですが、伊勢と白山を往復する旅を企画される方のご参考になればと思います。
<< ◆伊勢神宮内宮・おかげ横丁 | main | ◆伊雑宮・朝熊山 >>
◆白山(御前峰)
「白山」という山はなく、御前峰(ごぜんがみね)・剣ガ峰(けんがみね)・大汝峰(おおなんじみね)を総称して白山と呼ぶ。白山奥宮があるのは最高峰の御前峰(2,702M)。

*白山 石川県、福井県、岐阜県に跨る

パノラマ
  ↑
白山山頂直下にある室堂平(むろどうだいら)には登山客用の大規模な山小屋がある。5月〜10月中旬営業。

*白山奥宮祈祷殿

白山奥宮祈祷殿(室堂)
  ↑
室堂平にある祈祷殿と白山最高峰の御前峰を望む。
山頂に奥宮がある。室堂より40分。
祈祷殿には夏期のみ神職が常駐し、毎朝頂上で登山者とともに“お日の出”を拝み、奥宮にて“日供祭”を行っている。


*広々とした室堂平と白山最高峰

室堂からの御前峰
  ↑
夏の夕暮れのひととき、登山者はこの景色の中で登ってきた疲れをいやし、翌朝の日の出を拝む登山に備える。
夏期は高山植物のお花畑になる。


みやまきんぽうげ
  ↑
ミヤマキンポウゲと白山最高峰・御前峰

こばいけそう
  ↑
コバイケイソウと山小屋と別山(べっさん)


くろゆり
  ↑
クロユリと白山最高峰・御前峰

*白山頂上・御前峰から

白山頂上からの室堂と別山
  ↑
白山頂上・御前峰からの室堂平と別山
天気がよければ、独立峰のためすばらしい眺望


イワギキョウ
  ↑
白山頂上に咲くイワギキョウ


いわつめくさ
  ↑
頂上に咲くイワツメクサと眼下に山小屋の赤い屋根

*登山道で出会う花

はくさんふうろ
  ↑
ハクサンフウロ


こおにゆり
  ↑
コオニユリ


たかねまつむしそう
  ↑
タカネマツムシソウ


こいわかがみ
  ↑
コイワカガミ


みやまだいこんそう
  ↑
ミヤマダイコンソウ


からいとそう
  ↑
カライトソウ


おとぎりそう
  ↑
シナノオトギリ


おとぎりそう
  ↑
シナノオトギリ


*ビジターセンターと御前峰

ビジターセンターと御前峰
  ↑
ビジターセンターと白山最高峰・御前峰。
登山口別当出合(べっとうであい)より砂防新道を5時間かけて登り、このビジターセンターの前に出ると「ああ、やっと着いた!」とホッとする。
帰路もこのビジターセンターを後に下りに入る。


白山ヒメ神社様サイトより引用…
白山への信仰登拝は、717年に越前の僧泰澄が初めて白山に登り修行したのが始まりであるとされ、中世以降は修験道の道場として開山され、登拝の対象とされてきました。

御前峰には白山ひめ大神の本地仏として十一面観世音菩薩が、そして大汝峰には大汝命と阿弥陀如来、別山には大山祇命(おおやまずみのみこと)と聖観世音菩薩が、それぞれ祀られました。
白山山頂周辺には現在でも当時の面影をしのばせる祭祀遺跡が数多く残されています。
| 白山‐山頂お花畑 | 16:21 | - | - | pookmark |